着物ドレスリメイク・二部式帯の通販 飾屋かざるや着物

かざるやFACEBOOK

商品数:0点   商品金額:0円

お問い合わせお問い合わせ
買い物かごカートを見る
かざるや着物ホーム » 帯揚げの結び方

帯揚げの結び方

帯揚げ
帯揚げは帯枕を包んだ後、脇を綺麗に始末するのがポイントです。意外と目に付くので、丁寧に三つ折りをして、ふんわり結びましょう。 ここでは正面から見た帯揚げ結び方を解説いたします。
帯揚げを交差させる
①短い方が上にくるように左右を交差させ、長いほうの下を通ってくぐらせます。
帯揚げを横にひっぱる
②横方向へひっぱります。
帯揚げを結ぶ
③縦方向へキュッとひっぱります。(ここで結び目が安定します。)
帯揚げをたたむ
④長い方を2つにたたんで上に乗せます。
帯揚げを差し込む
⑤短い方の左右の端を綺麗に整えて、上からかぶせます。

余った先が長すぎる場合は、たたみます。
帯 横から見た図
⑥帯板と体の間に、帯揚げの先を差込みます。
このとき、奥までいれてしまわないで少し残しておきます。
帯揚げの結び目
⑦残しておいた部分を体側へ折り込みます。

こうすることで綺麗な結び目に見えますよ。
帯揚げ結び
⑧帯揚げの完成☆

帯を巻くときに下側を締め、上側をゆったり開けることで帯揚げも綺麗に収まりますよ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑PAGETOP