着物ドレスリメイク・二部式帯の通販 飾屋かざるや着物

かざるやFACEBOOK

商品数:0点   商品金額:0円

お問い合わせお問い合わせ
買い物かごカートを見る
かざるや着物ホーム » 二部式帯の結び方 お太鼓部分

二部式帯の結び方

二部式帯を使ったお太鼓の結び方です。今回は名古屋帯で解説しています。お太鼓を作るのが苦手な方は、あらかじめ形作って縫い止めておく方法もありますよ。
※胴部分を巻く方向によってはここで解説している右手と左手が入れ替わります。

お太鼓部分をつくる

【STEP1】帯枕の準備をする

コーリン帯枕

二部式帯をしっかりと固定するために必要な帯枕(京まくら)を準備します。
帯枕に帯揚げをかぶせます。
このとき、左右の長さはどちらかを短くしておいてください。
お太鼓になる帯のたれ先と反対側を枕の上にかぶせ、クリップの奥までしっかり挟みこみます。

二部式帯枕の準備

【STEP2】お太鼓を背負う

お太鼓を背負う

準備したお太鼓部分を背負い、胴に巻いてある帯に帯枕の突起している部分をひっかけます。帯枕の紐を前でしっかり結びます。 (このとき帯揚げはまだ後ろに垂れている状態です。)
帯枕の紐の結び目は、帯の中に入れ込んで隠します。

<帯枕の裏側>

帯枕の紐を結ぶ 帯枕の紐を結ぶ

【STEP3】お太鼓の上部の角を丸くする

お太鼓の形を整える
丸みのあるお太鼓

角張ったお太鼓にならないように、枕にかけたお太鼓の端を少し下へ引っ張って、角に丸みをだします。

【STEP4】帯揚げを仮り結びする

帯揚げを仮結び
帯揚げを帯に隠す

帯揚げで帯の端を包み込み、三つ折にしながら体の前にもっていきます。この時点では、とりあえず簡単に結んでおき、前の帯に入れ込んでよけておきます。

【STEP5】お太鼓の大きさを決める

お太鼓の形

「たれ」の長さはだいたい人差し指の長さと同じです。測りながら、お太鼓の大きさやバランスをみて形づくります。
形ができたら、左手を図のようにお太鼓の中にいれ、押さえます。

お太鼓の押さえ方

【STEP6】手先を入れる

手先を入れる

左手はしっかりお太鼓を押さえたまま、右手で前によけておいた手先をもち、お太鼓の中に滑らせるように入れます。
お太鼓の中で左手と右手が出会ったら、左手を引き抜きます。
手先をお太鼓から2センチほど出し、反対側が余った場合は内側に折りこんで隠します。 手先の端とお太鼓の端をぴったりと合わせます。

お太鼓に手先を通す

【STEP7】帯締めを結ぶ

帯締めを通す

手先の外側に帯締めを通します。
左右の長さを同じにして、体に近いところでしっかり持ち、帯締めを結びます。

帯締めの結びかた

帯締めを結ぶ

【STEP8】帯揚げをんで完成

帯揚げを結ぶ

仮結びしておいた帯揚げをほどき、帯揚げの三つ折を整え、短いほうを上にして結びます。

帯揚げの結び方

二部式帯完成
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
↑PAGETOP