着物リメイク・アンティーク着物の通販
かざるや着物

かざるやFACEBOOK
かざるや着物ホーム » きものブログ » リメイク » 直線縫いの裏技と着物でトートバッグ本体

きものブログ

2015年7月3日

直線縫いの裏技と着物でトートバッグ本体

いよいよ着物でトートバッグ本体にとりかかります。その前に、パーツの作り方の記事はこちらです。
底板と底鋲をつける
もち手を作る

今回はトートバッグの本体の表地と、ミシンで直線縫いを綺麗に縫う裏技などもご紹介しています。

本体布と革をつなげる

バッグ本体

バッグの入り口部分にあたる本体布の上端を4cm、アイロンで折っておきます。

バッグの革底

作っておいた底板の端に5mmの両面テープをつけます。

バッグに革底をつける

本体布の下端1cmのところに、革を仮止めします。

ダブルステッチ

ミシンで、本体布と革の重なっている部分にダブルステッチをかけます。

革と布をつなぐ

布→革→布となるように同じようにくっつけます。

ミシン直線縫いの裏技

ミシンでまっすぐ縫うのが苦手という方にちょっとしたコツをご紹介。

  • ミシンの針の前にまっすぐ座る。
  • 生地のすべりがいいかを確認する。
  • 針先を見ない。

だいたいこの3つのポイントをおさえていれば、たいていまっすぐ縫えます。

ミシンの針の前にまっすぐ座る

ミシン本体の中心に座ってしまうと針を斜めからみてしまうことになるので歪んでしまいやすいです。針のところが体の中心に来るように座って縫うとブレが少ないですよ。

生地のすべりがいいかを確認する

同じ生地のハギレなどで試しぬいをしたときに、押さえ圧が強すぎないか、弱すぎないかをチェック。厚い生地を縫うときは押さえ圧を弱めにしてください。
薄い生地を縫うときに生地の安定が悪い場合は、トレーシングペーパーを下に敷いて一緒に縫ってしまいます。縫い終わってからトレーシングペーパーを破って捨てればいいので縫いやすくなりますよ。エナメルの革や合皮などミシン面とひっついて前に進まないときにもトレーシングペーパーを敷くとスルスルと進みます。

針先を見ない

針先を見なければどこを見るのか?というと生地の端とミシンの押さえ金のあるポイントをみます。

直線縫いのコツ

今回は革を縫っているので、テフロン押さえ金に替えています。ここでちょっとした裏技。テフロン押さえの向かって右側の中央にペンで印をつけてます。

直線縫いの裏技

ペンで印をつけた点と、生地の端がまっすぐになることだけを考えて縫うと、自然とまっすぐ縫えるてます。針先を見てしまうと、針は上下するので目線が安定せずぐらぐらになってしまうんですよ。

ミシン直線縫いの裏技

2本目を縫うときは、押さえ金の端と、生地の端がまっすぐになるように見ながら縫います。そうすると綺麗に直線縫いのダブルステッチができますよ。

バッグ本体にもち手をつける

バッグ持ち手の位置

バッグ本体の中心にしつけ糸などで印をつけておき、中心から水平方向に6cm、垂直方向に8cmの位置にもち手の内側の角がくるようにあわせて、マチ針または両面テープで仮止めし、縫います。力がかかるところなので2度縫いしたり、デザインも兼ねてステッチをいれるように何本か縫ったりしてしっかり縫いとめます。

トートバッグ展開図

このようになります。

バッグの表地を縫う

端に5mmの両面テープを貼って中表にあわせ、左右それぞれ端から1cmを縫います。底のマチを三角に縫います。

マチの縫い方はこちらの生地を参照してくださいね。
羽織をリメイク!着せ替えできるパンチングレザーのバッグ

まとめ

だんだんとバッグの形になってきました。表地はだいたい完成です。ハンドメイドバッグを作ってると、裏地はもちろん、内ポケットが欲しいとか、ファスナーつきじゃないと~とか、底鋲あったほうがいいよね・・・とか言われるので、全部盛り込みました。
まだまだ続きます。

カテゴリー: リメイク

コメントを残す




※HTMLタグは使えません

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

2017年11月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

↑PAGETOP