着物リメイク・アンティーク着物の通販
かざるや着物

かざるやFACEBOOK
かざるや着物ホーム » きものブログ » リメイク » 着物でトートバッグの作り方~ファスナーフラップを作る

きものブログ

2015年7月8日

着物でトートバッグの作り方~ファスナーフラップを作る

バッグにファスナーがついていると、落し物をしにくかったり中身が隠せたりと何かと便利です。トートバッグ本体ができたら、ファスナーと裏地をつけます。
今回つけるファスナーは、バッグの口に直接ではなくちょこっと持ち出しをつけて、バッグにフタがあるようなタイプにします。「ファスナーフラップ」と呼んでいます。

ファスナーの準備をする

チャック

ファスナーのはじめの部分の角を三角に折り、端ミシンか手縫いで留めておきます。

ファスナーエンドの革

ファスナーの終わりの部分の端に、ファスナーの幅に合わせた革を少し両面テープで貼ります。

ファスナーエンド

ファスナーの終わりの部分を包むように革を半分に折って、3~5mmのステッチをかけておきます。

ファスナーの準備

こんな感じにファスナーの準備が出来ました。

ファスナーのフタを作る

ファスナー持ち出し

ファスナーの持ち出しにあたる生地を4枚用意します。サイズは、用意するものをご参照ください。
端1cmを残して芯を貼ります。貼らないところにまっすぐの辺をしっかりあわせて、はみ出した部分はアイロンで芯を貼ってから切り落とします。
芯を貼り残しておくのは、ファスナーを挟んで何枚も重なる部分ができてしまうため、その部分だけ貼らないようにしたほうが縫いやすいし、段差が少なくて仕上がりも綺麗なのですが、芯の貼り残しがうまくできない場合は、薄手の芯なら全面に貼ってもいいと思います。

ファスナーの端をあわせる

準備しておいたファスナーと、持ち出し1枚をファスナーの始まりから中表にあわせます。このとき、持ち出しの芯の貼り残した端と、ファスナーの端を合わせてマチ針で留めます。

ファスナーと持ち出しを中表

大きい花形のマチ針から大きい花形のマチ針からの間を端1cmで縫います。ちょうど芯を貼り残したキワキワを縫う感じです。

ファスナー持ち出し表側

左右とも同じように持ち出しを縫いとめて開いたらこんな風になってます。

ファスナーの裏側

裏側も同じように端を合わせて縫います。ちょうどファスナーを持ち出しでサンドする形です。すべて端5cmほどは縫い残してありますよ。

ファスナー挟み込み

表に返すとこんな感じです。ファスナーがスムーズに開閉するかをここで確認しておきます。もしひっかかって開きにくかったりするとこの時点でやり直します。
触れば触るほど、端がほつれてくるのでなるべく1発で決めたいところです。

端を縫いとめる

ファスナーの始まり側の端は、中表に合わせて端1cmを縫い、ひっくり返します。角を綺麗にひっくり返すには縫い目で折ってきっちりアイロンで折り目をつけたり、縫い代を細く切り落としたりしてひっくり返します。目打ちを使って角を整えるのもいいですよ。

ファスナーの始まり

角を表に返したら、縫い残してあった端がまっすぐにファスナーを挟むようにマチ針で留めておきます。あらかじめ左右に開いておいたファスナーの始まり部分が中に入って隠れるようになります。

ファスナーエンド側

ファスナーエンド側の端は、全部縫ってしまわないでファスナーを挟み込む分、縫い残しておきます。

ファスナーの始末

表に返すとこうなっています。縫い残した分でファスナーを挟み、縫い代を内側にいれてアイロンで整えます。

ファスナーの端の縫い方

ファスナーにまっすぐ沿うようにマチ針で留めます。

ファスナーフラップ

全体に端5mmのステッチをかけて、ファスナーフラップの出来上がり。

カテゴリー: リメイク

コメントを残す




※HTMLタグは使えません

にほんブログ村 ファッションブログ アンティーク着物・リサイクル着物へ
にほんブログ村

2017年11月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

↑PAGETOP